保育士の資格取得の方法と待遇について

保育士の待遇面

現在、深刻化している待機児童の問題には、受け皿となる保育園そのものの不足が大きくクローズアップされていますが、もうひとつの問題として保育士不足があげられています。保育士の資格を所持しているのに仕事に就いていない潜在保育士もたくさんいると言われており、その理由として待遇面の不満があります。平均的な給与は、月給21万円前後、年収でも320万円を若干超える程度となっています。もちろん、施設の規模や携帯、就労時間などの雇用条件によって給料に大きな違いが生じます。

保育士は、子どもの命を預かる責任の重い仕事であり、保護者のクレーム対応や年間行事の企画、運営、抱っこやおんぶ、子どもとの遊びなどで体の負担など、仕事の大変さや責任の重さの割には、給料が少ないと感じている人が多いようです。国や各自治体も保育士の待遇改善を早急に図ることを目指しており、実際に、給料がアップした施設もあります。

今後、待遇面の改善が図られることも期待できる保育士の仕事は、子ども好きな人、人とコミュニケーションをとるのが好きな人にはピッタリの仕事です。また、看護師などと同様に一度資格を取得して就労経験があると、結婚や出産、育児などで一時離職しても、復帰しやすい職場であるということもメリットと言えます。