保育士の資格取得の方法と待遇について

保育士資格の取得

保育士になるためには、国家資格を取得する必要があり、管轄する厚生労働省が認定した保育士養成施設を卒業すれば無試験で資格を取得することが可能です。養成施設には、4年制大学、短期大学、専門学校などがあり、最短で資格を取得したい場合や保育学を追究したい場合などに合わせて自分にあった学校を選ぶことができます。また、通学が困難である、転職したいという方には、通信課程で資格を取得するという道もあります。

最近では、認定子ども園の普及に伴い、保育士の資格と幼稚園教諭の免許両方を取得することを目指す人も増えています。社会福祉系学部や生活科学系学部、音楽系学部などに保育学科や幼児教育学科などが設置されている4年制大学で資格を取得するというのもひとつの方法です。 2年~3年で必要な知識や技術を身に付ける短期大学は、4年大学よりも短い時間で知識と実技をバランスよく学ぶことができるようになっています。

一般的に幼児教育系と保育系に分かれており、保育士のみの資格取得を目指す場合には、保育系の学科に進学することになります。短期大学は、4年生大学の半分程度の期間で、必要な単位を修得する必要があることから、カリキュラムは非常にタイトで、学生生活を謳歌するような余裕はあまりありません。揺るぎない信念をもって保育士になろうという方には、最短で取得が目指せる進路となります。実習の機会が多ければ多いほど、実際の現場で学ぶことができるため、学校を選ぶ際のポイントにすることもおすすめです。


★ 保育士に関するおすすめサイト ★
保育士資格を取得したら、働く職場を探さなくてはなりません。こちらは保育士に特化した求人情報サイトで、コンサルタントによる紹介や就職支援も行っています。ぜひお役立てください → 保育士 求人情報